bgmaximage bgmaximage bgmaximage bgmaximage

Post

2012.12.31  Mon  

新しい年に思いを寄せて


平成24年もあとわずかで幕を下ろそうとしています。また一年分の歴史が増えた訳です。どんな一年だったでしょうか・・・我が家ではとても嬉しい出来事が重なって人に羨ましがられるほど良い年だったと思います。ブログを初めてからこの年末で三年半が過ぎました。これもひとえに応援してくださった方々のおかげと心から感謝しています。きたる新しい年が皆様にとってすばらしい年になりますよう願っています。来年も宜しくお願い...

2012.12.27  Thu  

小豆と栗きんとんもできました


いよいよ暮れも押し迫りました普段慣れない大掃除などでことのほか時計の針が早く回っているようで。普段から心がけてきれいにしていれば何のことはないのですが。さておせち料理の下ごしらえも着々と進んできています。おせち料理はできた品物をお重に詰めていく訳ですが一品一品こうしてお皿に盛ってみるとそれぞれに又違う味わいが感じられます。甘いもの、しょっぱい者、酸味のあるものの取り合わせが良いですね。栗きんとん、...

2012.12.21  Fri  

きょうは冬至


きょうは二十四節季のひとつ冬至です。北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなりそのため昼が一年中で一番短く夜が長くなります。この日を境に、一陽来復、日脚は徐々に伸びていきます。寒い冬の後には暖かな春が必ず来ます。辛い日々の後には幸運が待っています。来る新しい年にも期待が持てるでしょう。きょうのおせちは烏賊の鳴門巻きです。こちらに使うイカはするめいかが良いでしょう。新春を寿ぐ器に盛り付けてみましたき...

2012.12.18  Tue  

魔法の香辛料の成せる業


柚子の種と焼酎を約1対1の割合で二週間ほど置くと化粧水ができると先日こちらで紹介しました半信半疑でしたが二週間経ちました。さて表面がとろっとしてゆすっても動きません。スプーンで掬ってみたところとした液体が出来上がりました。蓋をはずした時にはさすがに焼酎の香りもしましたが数分でにおいはとれました。手につけてみたらスーっとなじんでいきました。普通の化粧水よりもとろんとしているので流れ落ちません。手あれ...

2012.12.16  Sun  

つる金柑とかめ金柑もできました


先日の金柑の蜜煮の後、まだお正月まで間があるので残りを煮詰め、半分ずつジャムとゼリーにしてみました。お正月風の抜き型でぬいて上は鶴と亀、下は松金柑です。皮の部分を残した為、抜き型にするのがむずかしかったですが鶴と亀の亀がかわいいですね^^きょうも来てくださってありがとうございます応援のポチをよろしくおねがいします[#IMAGE|S58#]にほんブログ村にほんブログ村...

2012.12.14  Fri  

鉄瓶のお湯を使って炊いた黒豆


今年も黒豆が炊き上がりました。黒豆は丁寧にあつかうことですね。まず、豆を一晩ねかせて浮いてきた豆やかけた豆を取り除きます。おおよその目安の分量です*黒豆300グラム*砂糖2と1/2カップ*しょうゆ大さじ2~3杯*古釘 適量おおよそ豆が浸るくらいの水に材料をいれ沸騰寸前まで火にかけとめます。そこに古釘をいれて3時間ほど放置します。古釘はお茶パックなどに入れると取り出すときに楽ですね。我が家は釘ではなく古い鉄...

2012.12.12  Wed  

金柑のみつ煮


今が旬の金柑。美味しさも最高、小さなオレンジ色が眩しく輝いてきてます。かんきつ類の皮には沢山のビタミンCが含まれているので丸ごと食べる金柑はビタミンCを沢山取ることができます。寒い季節の風邪予防には最高です。動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防に役立つビタミンEも沢山含まれているそうですよ。そして古くから咳止めやのどの痛みを抑える薬用にも用いられてきました。おせち料理の一品です。金柑は丸ごと食べ...

2012.12.11  Tue  

りんご羹と柚子羹


爽やかな組み合わせ林檎羹と柚子羹をつくってみました。こちらもおせち料理の一品です。りんご羹は紅玉を使い皮の部分も一緒に煮て柔らかくなったらスライサーやミキサーで少しつぶつぶが残るくらいまでこして固めるのが良いでしょう。レシピでは棒寒天を使用していましたが我が家ではテレットを普段使っていますのでそちらを使いました。テレットは手軽に柑橘系のゼリーが作れる優れものです。作りやすい分量を載せます。*りんご...

2012.12.09  Sun  

柚子釜盛り*なます*


大雪になりました。今朝は一転して雪景色です。しんしんと雪は夕方になってもやむことなく降り続きます。そろそろおせち料理の手配もしなくてはね。ご自分で作るという方も仕入れなどに少しづつ気ぜわしくなっているのでは。おせち料理の定番。まずは手軽にできる一品からおせちの予行演習をとおもいある材料でできるなますに挑戦してみました。今、婦人雑誌などではおせちのレシピはもちろんの事作りかたのDVDまで付録になって...

2012.12.07  Fri  

味醂塩こうじで里芋の炊きあわせ


いながらにして日本各地、そして海外の名産品が手に入る時代。スーパーでも京野菜や加賀野菜などを目にします。秋から冬にかけてこの地域の野菜が美味しい季節なのですね。きょうは栃木の親戚からの頂き物。里芋を味醂塩こうじで炊いて見ました。昆布とかつおぶしから取った二番だしで里芋、九条ネギ、油揚げ、生麩、赤かれいを味醂塩こうじでたいてみました。仕上げには柚子をたっぷりとのせて。いただいたとちおとめのお味も最高...